architecterの建物わっしょい

注文住宅の土地探し・設計&DIY・キャンプなど

水道工事のお話 注文住宅

 

建設会社によっては最初に出される建築費とは別に費用が発生する工事があります。

水道(給排水)工事もその一つです。

 

 

 

水道工事の区分と費用

 

水道工事には宅外給排水工事と宅内給排水工事、本管取出し工事があります。

 

f:id:architecter:20181203084705p:plain

 宅外給排水工事

水道メーターから建物までの給排水工事(雨水・枡工事含む)

費用:25万~60万円(引込長さや深さによる、旗竿地や広い敷地などは100万円くらいかかることも)

 

宅内給排水工事

建物内の給排水工事、基本建物代金に含まれることが多い

費用:10万~25万円(建物広さ、設備による)

 

本管取出し工事

前面道路にある本管から水道メーターまでの工事

別途工事になることが多い、最近新設されているなら工事不要。

費用:40万~60万円

 

こんなケースは要注意

以下のケースは工事費が数百万円になることも

  • 前面道路が県道・国道などの幹線道路(アスファルトが分厚いので工事費がかさむ)
  • 広い道路の反対側に本管がある
  • 私道の場合は掘削承諾書の取得費用が必要、費用が掛かることも

 

 

我が家の水道工事事情

 

我が家の道路から敷地までの水道管は鉄管、宅地内は鉛管でいずれも昭和50年くらいに施工されているため、既存を凍結し新設する必要がありました。

 

以下は水道工事費の内訳です。

 

宅外給排水工事

25万円(契約時の見積もりに記載)

 

宅内給排水工事

建物本体工事費に含まれる

 

本管取出し工事(上記事情により既存凍結+新設)

接続枡入れ替え(2か所) 15万円

既設管取出し工事 11万円

給水管新設 4.5万円

舗装復旧工事 12万円

水道局設計・道路掘削・仕様許可申請費 8.5万円

他工事・運搬・ガードマンなど 11万円

 

合計 62万円

 

事前に設計から「水道管が古いかもしれないから水道工事で50万円ほどかかるかもしれない」と言われていたので焦らずに済みました。

基本的に既存住宅新築時の水道管のままが多いので、既存住宅が古い場合は予算を見積もっていた方がいいです。

 

 

水道工事は価格差が少ない

 

解体工事や外構工事は工事業者によって金額に大きく差が付きます。

しかし水道工事に関しては相見積もりをしても大して変わらないのが実情です。

しかし中には10万程度差があるという意見もあるので、不安であれば早めに建設会社へ相見積もりをするつもりであることを伝えましょう。

 

 

 

 

architecter.hatenablog.com

architecter.hatenablog.com