architecterの建物わっしょい

注文住宅の土地探し・設計&DIY・キャンプなど

TV裏のリビングクローゼット 注文住宅

 

余裕があればこうしておきたかったなというお話。

 

 

壁掛けTV

 

Wall Mounted

 

TVはどんどん薄くなり壁掛けも一般的になってきました。

しかし上の画像を見てもわかるように、せっかくの壁掛けTVにしても配線が出たりレコーダーやゲーム機があってはスッキリしません。

 

工事の際に配線を壁に隠すこともできますが結局は下の方に配線が出てくる上に、機器の交換や配線のし直しの際に不便です。

 

 TV裏にリビングクローゼットを作る

 

我が家は残念ながらスペースの問題で採用できなかったですが、TV裏にリビングクローゼットを作るという手があります。

壁に穴をあけておくことで将来の機器の交換や配線が容易です。

またコンセントもクローゼット内に配置すれば配線が一切出ず、レコーダーなども見えません。

日用品もここに入れておけばリビングがとてもスッキリしますね、リビングクローゼットはウォークスルーにするとより便利です。

 

f:id:architecter:20181221093252p:plain

 

f:id:architecter:20181221093705p:plain

 

必要な器具

 

ただひとつ問題が。

この状態だとレコーダーなどが壁の裏にあるのでリモコンの赤外線が届きません。

そこでリモコンベンダーという中継器を付ける必要があります。

また穴やTV下地の位置も設計の段階で検討すべきでしょう。

 

ちなみにこのリモコンベンダー、TVボード内の機器を操作するのにも便利です。わざわざ扉を開け閉めする必要がありません。 

 

今後壁付けTVにする際は落下の危険性があるため、必ず柱か下地のある箇所に取り付けるようにしましょう。

 

 

architecter.hatenablog.com

architecter.hatenablog.com

 

読んでくれてありがとうござます!ぽちっとしていただけると今後の励みになります!!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ