architecterの建物わっしょい

注文住宅の土地探し・設計&DIY・キャンプなど

トイレットペーパーホルダーを塩ビパイプでDIY その1

  

ついにDIYが始まります。

 

 

DIYをする期間

 

我が家は引渡しの翌日に引越しなのでゆっくりDIYする時間がありません。

本来なら引渡しから1週間は見た方が手直しや荷物の搬入など都合がいいのです。

しかしこの引越繁忙期、1週間でも後半になったら引越し代が跳ね上がるのでこんなにハードスケジュールになってしまったんですね。

 

本来なら新居の広いガレージでゆっくりとDIYを楽しみたいところですが、そんな理由で先に塗装などを施さなければいけません。

 

トイレットペーパーホルダー

 

実は塩ビパイプのDIYは初めてです、それで家じゅうの様々なものをDIYしようっていうんだから無謀ですね。

 

我が家がDIYするものはまた後日まとめますが、まずは手始めに小さいトイレットペーペーホルダーから作っていきます。

 

用意するもの

 

f:id:architecter:20190301180042p:plain

 

 

  • 塩ビパイプ(VP13mm) 130mm×2、50mm、30mm×2
  • キャップ 2個
  • チーズ  2個
  • ソケット(19mm) 2個
  • 板 400mm×150mm
  • 紙止め(考え中)

 

  • パイプカッター
  • 接着剤(タフダイン)
  • 塗料

 

専用のフランジがあればいいのですがお店で見当たらなかったのでソケットで代用です。

写真には載ってませんが上に乗せる板を用意します。

 

パイプカッターの使い方

 

今回使用したのはこちらの商品

 

 1000円くらいで売ってます、塩ビで比較的細いものを切るので安いものを購入しました。

商品に使い方など書いてなかったので最初は四苦八苦しましたが使い方を覚えると簡単です。

 

  1. パイプを挟む
  2. つまみを回して固定する(締めすぎない)
  3. パイプを回す
  4. つまみを回す
  5. 切れるまで3,4のの繰り返し

 

 握力の弱い女性で不器用な私でも簡単にできました、締めすぎると回すのが固くなります。

ゴム手袋つけながらやると回しやすかったです。

 

つくり方

 

  1. 部材を切ります
  2. 接着剤塗って組み立てます
  3. ソケットは径が違うので紐を巻いて調節します(ボンドで固定)
  4. 塗装します
  5. 板と固定して紙止めをつければ完成です

 

組み立てたら切り口が隠れるので切り口が雑でもいいのは不器用にとってありがたいですね。

 

タフダインはビニル管用接着剤なので金属のソケットはくっつきません。

最初塩ビシートを巻いている方のブログを見て、いらないクリアファイルでやったのですがうまくくっつきませんでした。

専用のフランジの方がおすすめです。

 

これは組立後

f:id:architecter:20190302214126j:plain

 塗装後

f:id:architecter:20190303132248p:plain

 

費用

 

最初はものを見てから買いたかったので近所のホームセンターで買いました。

 

  • 塩ビパイプ(VP13mm 1M) 220円(使用したのは400mm弱)
  • キャップ 2個 120円
  • チーズ  2個 110円
  • ソケット 2個 285円

 

  • パイプカッター 1100円
  • 接着剤(タフダイン) 450円
  • 塗料 前回の残り

 

大量にDIYするならネットで買った方が断然お得です。

Φ13mm(外径18mm)で作りましたがΦ16mm(外径22mm)かΦ20mm(外径26mm)でもいいかなって思いました。

 

 

 次回は紙止め編です。

 

 

architecter.hatenablog.com