architecterの建物わっしょい

注文住宅の土地探し・設計&DIY・キャンプなど

キッチン天井をやり直し

 

いろいろあってやりなおし。

 

 

 

キッチンレンジフードの位置

 

以前の現場見学の記事でキッチンのレンジフードが床から160cmで邪魔という話をしました。(夫の身長は177cm)

 

architecter.hatenablog.com

 

こちらのキッチンレンジフード、標準位置がキッチンの面合わせなので夫がコンロ前に立つと奥のコンロが見えません、かがめば頭が当たります。

 

 我が家のキッチンは高さ900mm、レンジフードの下端は床から1600mmなのです。

グリスフィルターは加熱器具表面より80cm以上離差なければなりませんが、グリスフィルターがキッチン天端より800mmってことなんでしょうか?(絵は適当)

 

f:id:architecter:20190306201800p:plain

 

キッチン天井はさがり天井にしているため低いです、器具の高さはこれ以上低いアイランドキッチン用器具がないため難しいとのこと。

 

レンジフードについては法律で決まっています。(抜粋)

 

  • 幅と奥行きはコンロより大きく
  • グリスフィルターは金属製
  • グリスフィルターは加熱器具表面より80cm以上離す 他

 

つまり縦方向の規制はあるが横方向の規制はないということです。

レンジフードを奥に少しずらせばいいのですが、標準がキッチン面合わせなのですでにその位置にあり、位置の変更をするとなると天井をやり直すことで難しいとのことです。

 

照明の位置が違う

 

別件でキッチン照明の位置が違うのではないかと設計に確認していた件ですが、やはり間違っていたそうです。

 

f:id:architecter:20190217072729j:plain

architecter.hatenablog.com

 

施主施工の吊り下げシェルフの下地位置を手書きで描いたものを渡していたのですが、監督にうまく伝わっていなかったそうです。

 

下地の位置も違っていたそうなので天井をやり直すことになったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これレンジフードも動かせるんじゃね?

 

 

 

監督に確認するとレンジフードを動かすとなるとキッチン屋を呼ぶ必要があるので難しいといわれました。

そこをなんとかとねばり、見るだけ見てくれと頼みました。

 

 

その日の夜に電話が。

 

 

監督「レンジフード動かせました!」

 

 

やったね!!!

 

不幸中の幸いといいますか、しかも本来施主施工だったはずのキッチンシェルフですが監督がつけてくれることになりました。

 

レンジフード位置をあまりに遠くすると掃除や換気効率が落ちるので、できるのなら高さ方向で調節するのが一番ですよ。

 

 

architecter.hatenablog.com

architecter.hatenablog.com