architecterの建物わっしょい

注文住宅の土地探しからDIYまでの体験談です

Web内覧会~タタミコーナー編~

 

今回はタタミコーナーの話です。

 

f:id:architecter:20190511110106p:plain

 f:id:architecter:20190511110142j:plain

 

タタミコーナーは普段はこどものプレイスペースとして、来客時は来客用の客間として使うために設けました、広さは2人分の布団が敷ける3帖+クロゼット(吊押入れではありません)。

クロゼットの中にはまだ一人でお着替えできない下の子の衣装ケースや来客用の布団を収納しています。

布団収納には縦型の収納ケースが便利でした。

 

和室ではなくタタミコーナーと言う名称なのは、畳敷きではなくフローリングに置き畳を敷いているだけだからです。

実際に畳敷きにするとなると造作になるので我が家が契約した建設会社の場合、1帖10万円増額になります、3.3畳で33万円です。

 

architecter.hatenablog.com

 

縁つき畳から縁なしの琉球畳などにするとさらに増額になるかと思います。

しかし置き畳にすれば段差こそできますが5.5万円で済みました(表地はい草です)。

一部引き戸の枠に干渉するのでそこだけカッターで削りました。

 

 

 f:id:architecter:20190506130852j:plain

 

この照明は夫がお店で一目ぼれしたものです、本物のエアプランツを入れたかったのですが冬場は小さなものしか売ってないということでニトリのフェイクグリーンを入れています。

 

 こちらは私がかねてより使いたかったUVカットステングラスシート。

物自体は透明ですが外の景色によって透過した光も7色に光り輝きます。

すりガラスより目隠し効果もあり簡単に張れました、つなぎ部分も気になりません。

ただしこういったシートは西日などがあたって高温になるようなガラスに使用すると熱割れを起こす危険性があるので注意してください。(使用不可のガラスもあります、詳しくは販売サイトをご覧ください)

置き畳を敷くために窓の位置をややあげています。

 

f:id:architecter:20190506131045j:plain

 

 付けて良かったなと改めて思ったのはこちらの3枚引きの引き違い戸です。 

 

f:id:architecter:20190506131139j:plain

 

以前の記事でも触れましたが2枚引きや折り畳み戸にはデッドスペースができます。

しかし3枚引きならデッドスペースがうまれません。

我が家の場合幅が広かったので3枚引きにしました、もちろん増額(高さも母屋下がりの影響で特注)ですがその価値はありましたね。

f:id:architecter:20181016092740j:plain

architecter.hatenablog.com

 

ちなみに畳スペースに転がっている堕落クッションはニトリのビーズクッション(デニムカバー)です、デニム風生地がソファに合うため購入しました。

ソファのオットマンにもなります。

 

 以上タタミコーナー編でした。

 

Web内覧会~バルコニー~

 今回はバルコニーのお話です。

 

f:id:architecter:20190511104134p:plain

 

リビングに入って奥の方、下画像の右手側がバルコニーで左手側がタタミコーナーです。

 

f:id:architecter:20190421101415j:plain

 

f:id:architecter:20190511102545j:plain



 

引違掃き出し窓は幅2550、高さ2000の大き目な窓です。

天井までのハイサッシでもよかったなって思ってます。

 

architecter.hatenablog.com

 

f:id:architecter:20190506131014j:plain

 

このバルコニーは幅7.5m奥行2.5m(外壁と水平部分は3.7m)です、キャンプ用のテーブルやいすなどを並べても余裕がありますが、小学生が走り回るには奥行き5mはほしかったですね。

軒は深めに120cmとってあります。

 

このバルコニーのお値段は130万円(標準1坪分は除く)です、詳細は以前の記事で。

architecter.hatenablog.com

 

写真を見て分かるようにまわりの家と高低差があるためほぼ視線を気にする必要がありません。

物干しは当初アイアンの一体物をつけようかと思いましたが金額の面で断念、結局ホスクリーンを付けていますがほぼ使ってません、乾燥機付き洗濯機万歳。

ただ電気代によっては干すこともあるかもしれません、電気代についてはデータがそろったらまた記事にしたいと思います。

 

以前の記事でホスクリーンは塗装すると言っていましたがまだやっていません。

 

architecter.hatenablog.com

 

 

f:id:architecter:20190506132002j:plain

 

 

 

勝手口側にはキャンプ用のいすやテーブル、ハンモックを収納してもまだあまりある物置を置いています。これ自体もベンチになります。

 

どれくらい余裕があるかというとこれくらい。(写真にはハンモックは収納してません)

 

f:id:architecter:20190511103257j:plain

 

ちなみに物置と中に入っているのはこれです。(価格は2019年4月現在のもの)

 

物置、ダンパーがついているのでゆっくり閉じる。

意外と軽い、大容量、ハイチェア相当の高さ、約28,800円

 

手すりと軒天部分に金具がついてあるのは、夏場にポールを付けてタープを設置する予定だからです。

ポールを付けることで高さが確保されます、詳しくは取り付けてから記事にする予定です。

 

バルコニーについては構造上の問題などいろいろ記事にしています、よかったら参考にしてください。

architecter.hatenablog.com

architecter.hatenablog.com

architecter.hatenablog.com

 

以上、バルコニー編でした。

2階リビングの騒音問題

 

Web内覧会はいったん置いといて、

 

2階リビングで真下に寝室があると気になるのは騒音問題です。

我が家はこんな間取(しかも木造)なのに夫婦ともに鈍感なので一切の騒音対策(上げ床等)をとっていません、せいぜい断熱材くらいです。

 

 

我が家の間取り

f:id:architecter:20190421212424p:plain

 

f:id:architecter:20190503082935p:plain

 

赤点線の部分が1階の寝室になります。

寝室の真上にトイレと洗面と洗濯機があり、WCLには浴室のPSがあります。

騒音の原因になりそうなのは洗濯機、トイレ、風呂、食洗機でしょう。

 

実際に暮らしてみた感想

 

気になるのは洗濯機(乾燥機能付きドラム式)だけです。

 

2階のトイレは外配管のため、食洗機は元から静音のため、風呂も大して気になりません。

さすがに2階で子供が飛び跳ねればうるさいですが大人が寝るころにはこどもは寝ています。

普通に歩く分の足音は全く聞こえません。

1階のトイレも寝室の隣にありますがベッドは部屋の反対側にあるので気になりません。

 

洗濯機は制振ゴムを敷いているのですがゴウンゴウンうるさいですね、壁を伝っている振動もあるかと思います。

 

夜中のうちに回すのは近隣の迷惑にもなりそうなので気が引けます、まあ乾燥機能付いてるので日中回せばいいんです。

 

音よりも光の方が問題

 

寝室は北側なのもあってすりガラスの窓にはカーテンも何もつけてませんでした。

 

まあ明るい明るい、毎朝5時に起きてしまいます。

明るすぎるのでハニカムシェードを後付しました。

 

 ハニカムシェードとは蜂の巣のような中に空気層をもつハニカム構造のシェードです。

寝室の窓は横長なのでカーテンは合わないしブラインドだと断熱性に劣るため、見た目と断熱に優れているハニカムシェードを選びました。

1600×500のオーダーサイズで2万円くらいです。

 

f:id:architecter:20190506073558j:plain



この画像のハニカムシェードがまだら模様になっているのは遮光タイプではない通常タイプを購入してしまいまぶしいので、裏を黒くスプレー塗装したからです。

塗装しても遮光性はほぼ変わりません、ハニカムシェードを光対策で付ける際は必ず遮光タイプを選びましょう。