architecterの建物わっしょい

注文住宅の土地探し・設計&DIY・キャンプなど

大人の湖畔キャンプ 四尾連湖水明荘 《山梨県》

 

山梨県にある四尾連湖(しびれこ)水明荘に行ってきました。

 

TOP of shibirekosuimeisou

 

 

四尾連湖は富士八湖の一つで、ゆるキャン△の2巻で登場するキャンプ場です。

 

 

 

場所

ここらへんです。

甲府盆地の南側、山の中の小さな湖の湖畔にあります。

 

 

駐車場直前の道はワゴン車くらいなら通れますが非常に狭いです。

 

 

サイト

 

 

フリーサイトで車は入れません、ゆるキャン△に登場したのはグリーンサイトです。

搬出入ルートは狭く350~550mほどの距離があります、荷物は最小限にしたほうがいいでしょう。ちなみの我が家はいつもの感じで荷物を持っていってしまい、一輪車とワゴンで2往復半しました。

 

 

こちらはAサイト、悪天候時は写真右側のロッジを使用していいそうです。

写真左は炊事場です、お湯は出ません。

 

 

 

そしてここが我が家のキャンプ地。

 

 

 The 湖畔キャンプ!!!!!

 

雨予報だったからか6月の週末でチェックイン直後でEサイト1番乗りでした、グリーンサイトはすでに数組いました。

地面は芝サイトで雨もあって柔らかめでした、短いペグでは抜けてしまうかもしれませんが山に囲まれた小さな湖なので風は穏やかでした。

 

写真右側に高台サイトへ続く階段があります、段が不揃いなので重い荷物を持って歩くのは大変そうでした。

 

 

山荘とロッジにも泊まれます。

 

引用元:sannsou of shibirekosuimeisou

 

 予約・料金

 

電話で予約ができます、電話受付時間は9:00~13:00と15:00~18:00

予約日3日前からキャンセル料がかかります、3日前だと天気の確認もできてちょうどいいですね(1週間前だと早すぎ)。

予約はだいたい2ヶ月前からです、詳しい日程は公式HPを御覧ください。

今は1組につき車1台で来れる方限定です。

 

引用元:Camp of shibirekosuimeisou

 

 

アクティビティ

 

遊泳可能

 

透明度の高い湖なので泳ぐのも気持ちよさそうですが、深いところは11mあるのでライフジャケットがあると安心です。

 

ボート・釣り

 

陸釣りをやってる方も多くいました。

道具のレンタルもあるので手ぶらで楽しめます。

↓こちらの価格は龍雲荘さんのもの、たぶん水明荘さんも同じ値段。

 

引用元:PRICE

 

SUP

 

お隣の龍雲荘さんでSUPが楽しめます。

ペット同伴可、HPでは3歳から楽しめると書いていますが1歳で親御さんと一緒に楽しんだ方もいるそうです。

 

 

引用元:半日SUP体験クルージング|NATIVE SUP(ネイティヴサップ)|山梨・四尾連湖のSUP体験スクール

 

湖畔cafe NATIVE GARDEN+

 

SUPをやっているカフェNATIVE GARDEN+さんでは自家農園にて種から丁寧に育て収穫した、季節ごとの新鮮野菜やフルーツを中心に料理を提供されているそうです。

 

 

ランチの時間は過ぎていたので干し柿ラム酒ケーキと白桃のジェラートとキウイジュースを頼みました。季節によってメニューも変わるそう。

 

ケーキを載せているボードも購入できます。

 

 

そしてこちらでは収穫体験と料理を満喫できるコースもあります、その他にもコンポートづくり体験などもあります。

 

引用元:NATIVE GARDEN+(ネイティヴガーデンプラス)|山梨で農業体験や果実狩り、種から育てた旬野菜のランチ・ディナー

 

設備

 

トイレ

 

キャンプ所内のトイレはボットン便所です。

聞いてはいたので覚悟して行きましたが女性用は洋式タイプだったので思ったより平気でした。バイオ分解のボットン便所で涼しい気温だったからか匂いもそこまで気になりませんでした。

写真手前側が男1女1共用1の大便器、奥が男性小用スペースです。

 

 

和式を洋式に変更したのか中は狭いです、つなぎを着ていったことを後悔しました。

男性の小用は壁にかけるワイルド方式、こっちはけっこう臭ったそう。

汚物入れはないので該当する女性はサニタリーポーチを持っていきましょう。

 

水明荘受付裏には水洗トイレがありますが、小を拭ったペーパーはゴミ箱に捨てる方式。個人的にはこちらのほうが抵抗感がありました。

 

 

SUPをやっているカフェNATIVE GARDEN+さんでは利用者のみきれいでおしゃれな水洗トイレを利用できます。

 

 

灰捨て場、炊事場

 

直火できる場所もありますが灰はそのままにせず受付近くの灰捨て場に捨てます、完全に燃え尽きた状態で捨ててください。

 

 

こちらはEサイトの炊事場、水は飲料水です。

 

 

お風呂

 

キャンプ場にはシャワー、お風呂ありません。(山荘宿泊者はお風呂あります、SUP体験をするとシャワーも浴びれます)

帰りに車で30分ほどのみたまの湯へ行きました。

 

富士山は見えませんが北岳甲府盆地が一望できます、おすすめ!

 

引用元: 天然温泉 | 山梨の日帰り温泉 みたまの湯 天然温泉の絶景露天風呂で人気

 

馬刺し定食もいただけます。

 

 

売店

 

受付の売店では薪、炭を始めキャンプ用品やお米、お菓子、ゆるキャン△グッズを販売しています。

 



 

こちらはゆるキャン△にも登場したチャイをご自宅でも楽しめるチャイセット、牛乳で煮出すだけ。

残念ながら牛乳は販売していないのでキャンプ場で購入して作りたい場合は牛乳持参です。

 

 

ゆるキャン△のチャイはその場で飲むこともできます。

ジェラートやカレーも楽しめます。

 

 

 チェックイン・チェックアウト

 

チェックイン  13:00PM     
チェックアウト 11:00AM

 

チェックアウトは特に手続き不要です、駐車場をあとにするのが11時を超える場合は追加料金がかかります。

キャンプ場と駐車場が遠いので荷物の搬出は早めがおすすめ。

 

 

ニューギア

 

木製ボード+よっちゃん専用日本酒

 

NATIVE GARDEN+さんで木製ボードを買いました。

そして近くによっちゃん食品工業があるからか道の駅でよっちゃん専用日本酒が売っていました、もちろんよっちゃんも。これは買っちゃいます。

 



 

フラスクボトル

 


容器をフラスクボトル(スキットル)として再利用できるウイスキーです、革の手触りが気に入ってます。

私はお酒があまり得意ではないのですが、ホットミルクで割ると香りが豊かで口当たりも優しく温まります。カウボーイというカクテルです、お砂糖を入れても冷たい牛乳で作っても美味しいです。

志摩リンの温泉タオル&ポーチ

 

みたまの湯で購入したポーチとタオルです。

みたまの湯はお土産も豊富でチョイスもおしゃれなものが多かったです。

 



 

雑記と写真

 
湖は青みがかったグリーンで近づくとその透明度がよくわかります。

 

Eサイト前の湖畔から水明荘を眺めたところ

 

初日搬入時は曇り、一輪車だと重い荷物を乗せるとバランスが難しい。でも木の根があるところは一輪車のほうが便利。

 

写真左がEサイト、右がグリーンサイト

 

コッパーケトルはチェーンで高さ調整、ファイヤーディスクは灰が捨てやすい。

 

道の駅で売っていたとうもろこし、生でも食べられる甘々娘という品種。

生でも食べられるのに気づいたのは帰ってからでした

 

午後は雨、霧で全く見えません。

 

夜のほうがどこにサイトが有るかわかりやすい、こうしてみるとEサイトは結構離れてるように見える。

 

燃やした灰は夫が作った火鉢のためにせっせと持ち帰る。

雨予報だったからかほぼ貸し切りでした。

恒例の1枚。

オレオといちごとヨーグルトのホットサンド、間違えてサンドイッチ用のパンを買ってきたら縁がサンドされないことに!でもおいしいからいっか!

 

レシピはこちらを参考にしました。

オレオといちごのホットサンド | ソトレシピ | 日本最大級のキャンプ飯レシピサイト

 

翌日はカラッと晴れました。

 

陽の光を浴びて湖の透明度が際立ちます。

 

Eサイトからカフェ方面にはこちらの道が近道、幅が広く平坦なので散策がしやすいです。

 

 周辺施設

 

歌舞伎文化公園

 

 

四尾連湖からみたまの湯の途中にある公園、市川團十郎家発祥の地につくられた文化資料館などがある公園です。

眺めがよく水遊びもできます。

 

 

展望台もあるお城であっても消防用代替進入口からは逃れられないのである。

 

 

四尾連湖水明荘は荷物の搬出入の面から子連れというより大人のキャンプに向いていると思いました。

山に囲まれているので風が殆どないのはとても魅力的です、龍雲荘では湖面ではないものの車の乗り入れができるオートキャンプに対応しています。

観光で訪れるだけでも価値のある場所ですね、もちょっと暖かい時期にSUPをやりに行こうと思います。

 

読んでくれてありがとうござます!ぽちっとしていただけると今後の励みになります!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村